toggle
8月6日原爆の日、平和を願う。

こんにちは、ネフェルのふじわらです。

 

8月6日

広島人にとって、いや 世界の人々においても

とても大切な日。

 

毎朝通る、原爆ドームの前にも世界中からたくさんの観光客が訪れている。

 

見るからに

年々、外国人観光客が増えている。

世界的にみたら

まだまだ、数が少ないのかもしれませんが

平和に対する意識が高まっているんでしょうね。

 

(もっともっと広島までアクセスしやくしたらいいのにと思いますが)

 

当日、安倍総理をはじめ松井市長 世界80か国の代表の方々

そして、たくさんの人が

「広島平和記念式典」に参加されました。

 

戦争や原爆の影響で亡くなられた方に心からご冥福をお祈り申しあげます。

そして、これから永遠に戦争のない世の中

核兵器のない世界になってもらいたいと願っております。

 

原爆が落とされた

8時15分 には 毎年必ず 黙祷です。

 

72年前の運命のその日、たくさんの人が亡くなられた。

 

わたくしも、被爆二世。

今、当たり前のように平和な日常ですが、当時の人のことを考えると胸が痛い。

 

二度と戦争が起こらないことを願います。

 

 

夜は、「灯篭流し」

平和公園の両岸には、あふれんばかりの人が

平和の祈りと、亡くなられた方の魂に弔いを込めて

「ピースメッセージの灯篭流し」

と いうらしいです。

 

元安川には、約8000個の灯篭が流されたようです。

 

幻想的でただキレイなだけではなくて、

たくさんのひとの平和への祈りが込められていると思います。

これからも、ずっと平和が続きますように。

と同時に

平和であることが当たり前ではなく

平和ボケしないように、危機感も持っていないといけないと思います。

 

「75年は草木も生えぬ」と言われた広島が72年たった今ではこれだけ復興し発展した。

 

広島で生まれ育った人間として、すこしでも平和について人に伝えられたらと思います。

 

おしまい。

(今回は真面目に書きました)

2017-08-08 | Posted in その他Comments Closed