toggle
ついにきました デヴィッド・ボウイ展。東京でのお話!

こんにちは、ネフェルのふじわらです。

 

最近、髪のことや美容のことを書いてないなぁ~と反省しつつ

また、デヴィッド・ボウイの話 (・・。)ゞ

 

わたくしの東京に行ったときの楽しみの一つでもありました。

(これはたまたま偶然、タイミングが良かった。4月9日までやってます。)

 

去年、亡くなってから何かと話題が豊富。

 

そして、今年の1月から始まった『 デヴィッド・ボウイ イズ』

 

場所は、美術館でもない 品川のはずれ天王洲アイル

「寺田倉庫」ってところ。

やってきました、看板が見えます。

つかさず、記念写真(笑)

 

ヒーローズのジャケット写真をまねたのもありました。

(上のパネルと同じ大きさ)

👇

 

さっそく、チケットを買って会場までエレベーターで

開場時間 10:00 なのに

 

入ってみたら行列でした(;´・ω・)

みんな 平日の朝から来るんだな~さすが東京どこにいっても人が多い。

 

会場内の撮影は禁止。

 

実際に使った衣装や貴重な映像など

ファンにとってはテンションが上がるモノがたくさん。

 

山本寛斎デザインのコスチューム、ネットから写真をとってみました。

👇

 

ビニールみたいな、ゴムのような素材。

デザインもすばらしい

独創的、斬新。

 

こんな服はほかに着れる人はおらんじゃろって思うくらいにひひ

 

他にも

 

こんなのも・・・

ぜんぶ オシャレ かっこいい合格

 

実際に目の前で、本人が着た服をみると

その時代に合った流れに乗っている。

 

そのなかで、もっとデザイン カタチだったり 色だったりを際立たせてる。

 

デザイナーもその時代のフィーリングに合わせてる選んでると思う。

 

(寛斎さんやマックイーンなど)

 

 

そして、

かなり細身、そんなに背も高くない

華奢な体型ビックリマーク

 

 

会場ぐるっとひと回り観て 二時間 あっという間にでしたが

わたくしなりに感動しました。

 

音楽・ファッション・映像など、いまでも影響を与え続けている

偉大なロックンロール・スターなんだって思う。

 

あんまり、デヴィッド・ボウイが好きじゃなかった人も

今後こんな展示はないだろうから

東京に行ったときは、観ておいても 損はなし

 

4月9日まで

 

今回、観ることが出来て ツイてた ラッキーだったニコニコ

 

大好き デヴィッド・ボウイ

また、ジギー・スターダストが聴きたくなる(笑)

 

おしまい

2017-03-15 | Posted in blogComments Closed