toggle
韓国の旅の話(その2)

こんにちは、ネフェルのふじわらです。

 

まだまだ、あります韓国の旅のつづき・・・

 

食べ物ばっかりのグルメネタばかりではございませんよ(笑)

しっかりと、歴史の勉強もしています。

 

学校の勉強はパッとしませんでしたが

今はしっかりと大人の社会勉強ですねニコニコ

 

 

韓国のむかしの王宮、何百年か前です(;^_^A

 

景福宮 (キョンボックン)ビックリマーク

 

その一番まえにあるのが 「光化門 (クァンファムン)」

デカいです。

 

(門というのは 「ムン」 って発音するのはわかりやすいですね)

 

あさイチで行ったときは、赤や青の昔ながらの軍服を着た

門番もいました。

 

その光化門の前の大通りが

『 光化門広場 』

と言われてる場所。

 

正門までのだだっ広い道路ですが

そこは、ソウルの中心ともいえる場所

 

そこに、今の韓国の創ったと 言われている

二人の巨大な銅像が

でぇーんって 建っています

 

ひとりは

李舜臣(イ・スンジン)将軍

 

強そうです音譜

とりあえず、ポーズをマネしてみた(笑)

 

豊臣秀吉が朝鮮を侵略した時に韓国を守った人物。

 

日本人の我々から聞くと、秀吉の味方をしたくなる心境だから

ちょっと微妙ですが

 

他国の侵略から国を守った人物

生き様も尊敬に値するから、このような銅像が立つ

国民的英雄ですビックリマークビックリマーク

 

実際には戦略が素晴らしかったようです。

日本もこの人の戦術を研究していたと伝えられてます。

 

 

そして、もうひとり

世宗大王(セジョンテワン)

 

この人物も でっかく建ってましたビックリマークビックリマーク

しかも 銅像ですが ゴールドでした(すばらしいキラキラ

 

ハングル文字を創った人物

意図をもって人為的に創られた文字として

世界の歴史的にみても ものすごい偉業です合格

(わたくし、ハングル語はまったく読めませんでしたがあせる

 

これもいちおう、ポーズとってみたにひひ

 

 

こんな巨大な銅像は日本では

あったかな・・・!?

と 思う。

(奈良の大仏とかになっちゃいそう)

国民性なのかなはてなマーク

 

ソウルの中心に立ってみて、ただ旅行に行っただけでなく

いろんなことが勉強になります。

 

そういうことも、旅行のいいところだと思います目

 

 

食べ物もおいしく吸収しましたが

歴史や知識も吸収しました。

 

まだまだつづく

ソウルの旅

 

おしまい

 

NEFER hair のHP

NEFER hair のFB

 

2017-09-14 | Posted in blogComments Closed