toggle
去年の屈辱を晴らすべし・・・

こんにちは、ふじわらです。

時が過ぎるのははやいもので、一年ってあっという間に経ってしまいますね。

去年参加した、美容のコンテスト「コングレス」!

くじ引きで選んだ服に合わせて【ヘアー&メイク】をしていくもの。

 

去年は黒いロングのデザインワンピース

去年のモデルさんと作品。

去年のモデルさんと作品。

肩のハリのあるシルエットに合わせてボリューム感のあるかっこいいスタイルにしたが、賞は取れず 😥

 

しかし 今年のこの大会のためにモード系に合わせたセミナー(講習)に行ってきました。

 

講師の先生は、コレクションのヘアや雑誌などの表紙も手掛けてる

『 マーサ 阿部さん 』(実はこのかた、外国では有名なヘアアーティスト ジュリアン・デイズのお弟子さん)

今年の春夏コレクションから

今年の春夏コレクションから

こんな角のような三つ編みヘア。

この洋服には、しっくりとキテル!

 

テーマは、

コングレス練習4

『北欧・デンマーク・アンデルセン・童話・メルヘン・ファンタシー・民族衣装・角・・・・』

などなどをイメージしている。

 

コングレス練習7

実際にセミナー参加者の前で作ってくれました。

北欧の赤・青・黄色を基調としたカラフルな衣装や童話的な絵柄とかにあわせてる。

ぱっとみたらどうなってるの? って思うかもしれませんが技術的にはシンプルなものの組み合わせ。

発想がいいんでしょうね。

 

そして、この講習の最初のお題は

これと同じテーマ。

そこから自分なりにイメージをふくらませて

 

『幻想的・空想・ヴァイキング・メタル・シルバー・スノー(雪国)

など・・』

 

グーグルで検索してみると

スノークィーン。

スノークィーン。

や・・・

ヴァイキング!

ヴァイキング!

(北欧のヴァイキングのアニメ ビッケってのがあったよな笑)

そんな感じで自分なりにイメージを膨らませていきながら、講師と同

じような柔らかい少女のような雰囲気ではおもしろくないから

まったく逆な女性像を作ってやろうと考えて

 

[闘う女性ヴァイキング]

こんなイメージでつくったのが

これ↓

コングレス練習9

三つ編みの中には釘をゴツゴツと差し込んで

トップには毛皮、シルバー鎧にはスタッズで強さのアピールをプラスさせてみた 😛

陽というよりは、陰。ダークなイメージで造ってみました。

マッドマックスに出てきそうって言われた。

 

二作目の課題は 『 コム デ ギャルソン 』の今年の春夏コレクションから。

コングレス練習2

キーワードは、18世紀・パンク・甲冑・騎士・マリーアントワネット・Sex Pistolsなど・・・

全体に暖色系で、装飾性が高く洋服のお柔らかさで甲冑をまっとたようなギャルソンらしい独特なシルエット。

 

こんなイメージなんですよ。

こんなイメージなんですよ。

そして、わたくしはこんな感じで作ってみましたよ。

18世紀PUNK!

18世紀PUNK!

 

黒髪で強さ、アナーキー感、黒いチェーンで暴力性をアピール。

しかし、対極の白い羽で柔らかさ、女性らしさをのぞかせた。

リップも派手な赤をペンで塗ってみた。

じつは、ギャルソンの服の靴には白い羽がふわふわとあしらわれてたんですねぇ 🙄

黒・白・赤のアクセントでパンクっぽさを出した。

 

講師のマーサ阿部さんの作品はこれ

コングレス練習6

黒髪をモヒカンのように立たせ、ある部分は18世紀のようなロールを。

顔には、チェーンや安全ピン、強い怖い感じ

ん~んパンクだなぁ!

 

いくつものワードからイメージを形にしていくし、いろんな表現ができる楽しさおもしろさがあるんです 😛

 

コンテスト当日は、7月11。

どんな服が当たるかはわからないんだけど、いろんなイメージに対応できるようにしておきたい。

 

カットやカラー、パーマだけじゃない。

普段からイメージの引き出しをたくさん持っておかなきゃいけない。

たのしも~ 😆

 

 

 

 

NEFER hair HP

 

NEFER hair Facebook

2016-06-16 | Posted in blogComments Closed